意匠を凝らした和の佇まい

外壁を腰板のように貼り分けた、趣のある和風の外観。

リビング吹き抜けに格子をしつらえ、凛とした格調のある空間に仕上がりました。

テレビ背面はカーブを描いた壁の左右に縦格子を施工。意匠を凝らしたデザインに間接照明のあかりが美しい陰影を浮かびあがらせ、光のグラデーションが心地よい。

階段下には玉砂利を敷いた坪庭のような空間を設け、和の雰囲気を演出しています。

玄関からリビングへの廊下には、光沢を放つ御影石と玉砂利を敷き、高級感と重厚感をもたらしています。

寝室は衝立のような仕切り壁を施工。左右からウォークインクローゼットに出入りできるため自由な動線で快適です。